2018年5月25日金曜日

6万点終了

皆さんはフリー雀荘には行くでしょうか。

フリー雀荘のルールには、6万点終了と呼ばれるものがあることが多いです。
誰かの持ち点が6万点以上となった時点でゲームは終了、清算に移るというものです。

野球では5回終了時点で10点差であったり、7回終了時点で7点差がついていると試合終了となるルールが適用されていることもありますが、そのコールドゲームと同じようなルールです。
大差がついた時点でゲームを終わらせてしまうわけですね。

フリー麻雀は1半荘ごとにゲーム代を集めるので、ゲーム数は多いほうがいいわけです。
そのため、この6万点終了が採用されることは一般的と言えるでしょう。


また、55000点終了や5万点終了というルールもあります。
これらは6万点よりも到達しやすくなっているため、店としてはより売り上げを上げられるというわけです。

あと、パインリバーという雀荘のサンマは69000点終了だそうです。
女性メンバーに「シックスナインです」と言わせたいがためのルール設定だとかなんとか……?

東1終了がありうる

トビありコールドなしのルールでは、東1終了というのは役満や親倍直撃でもない限りめったに起きない出来事ですが、コールドありにすると、めったにないというほどではなくなります。

6万点終了のパターン

・6000オール→6100オール
・8000オール→4100オールや12300

まあ珍しいほうですが、現実的です。

55000点終了だと、さらに現実的です。
個人的には、55000と6万点の間には大きな壁があると思っています。
55000には割と簡単に到達するのに、6万点にはなかなか到達しないような印象があります。

55000点終了のパターン

・6000オール→4100オールや12300
・4000オール→4100オール→5800は6400
・(東1に限らないが)44000持ちくらいから12000や4000オール
特に最後のパターンは55000点終了の最も多いパターンだと思います。
うっかりダマに刺さって2着からラスに落ちつつゲーム終了とかやらかしたら最悪です。

5万点終了は、もはや別のゲームのように感じました。
38000持ちから12000をあがるだけでゲームが終わると考えると、かなり特殊です。

打ち方は変わるか

親がトップ目で12000あがると終了という局面では、コールドなしと比べて結構打ち方が変わると思います。
2着目は4000オールをツモられても着順は変わらず、うっかり12000に放銃すると最悪ラスまで落ちて終了なのでオリ気味になりますし、反対にラス目はボーっと見ているだけではラスって終了しうるので押し気味になるでしょう。
トップ目の親番を流すだけでもとりあえずコールドにはなりにくくなります。

実戦譜を少しいじったものですが、こんな感じの状況を考えてみてください。

順位戦東風

東2局

1着目 58000(親・2900くらいのテンパイ濃厚)
2着目 18000(自分・平和ドラ1テンパイ)
3着目 15000
4着目 9000

局収支では平和ドラ1は鉄リーチといわれて久しいですが、この場合はダマでいいのかなあと思ったのが、この6万コールドの記事を書こうと思ったきっかけです。
理由はいろいろ書けそうなのですが、麻雀警察に見つかってガバガバ麻雀を指摘されたらいやなので保全のためのダマとします。

※「特上民が何切るに答えても誰も得しない」教に入っているので、自分から麻雀の解説は始めないようにしたいと思っております。
聞かれて無視するのは失礼なので答えますが。


まとめ

フリーの売り上げ向上に一役買っているこのルールですが、セットでも導入してみてもいいんじゃないでしょうか?

大差がついてやる気がなくなるようならコールドありのほうが良いでしょうし、逆転の可能性を追うのが好きならコールド無しのほうが好みでしょう。
好みで決めてください。
ちなみにわたしはどちらでもいいです。


おまけ

セットのルール、毎回ちゃんと決めていますか?
流し満貫の有無、役満祝儀やオールスター祝儀、途中流局の有無や国士の暗槓あがりなど、その場その場で決めるともしかしたらトラブルになるかもしれませんよね。

おすすめは、「決めていなかった場合はその店のフリールール準拠」と最初から決めておくか、初めから完全に網羅された仲間内の公式ルールを制定してLINEのノートか何かに貼っておく方式です。
ちょっと変わったルールが打ちたければ、「基本は公式ルール、ただし今日は途中流局なしにしよう」みたいに言えば済みます。

麻雀は、ルールにかなりの多様性があるゲームです。
それ自体は面白いと思うのですが、楽しく遊ぶためにも今やっている半荘のルールくらいは決まった状態でやりたいものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ミスを減らすためのアドバイス(スライド)

牌を切ってから、 「あっ間違えた」 ってなることはありませんか? ある人 この記事を読みましょう。 ない人 パターン1:普通にうまいので麻雀教えてください。 パターン2:知識不足でミスに気づいていない。この記事を読みましょう。 スジの牌を選...